みどりのまちづくりグループ
                               


伊勢湾流域圏一斉モニタリング(令和2年)

4か所の測定点で水質調査

令和2年8月7日(金)、大谷川、内津川、庄内川でCOD,アンモニウム態窒素、りん酸態りん、水温、透過度の水質調査をしました。
みどりのまちづくりグループは平成16年以来水質検査を実施し、平成21年から2国交省伊勢湾再生推進会議の「伊勢湾流域圏一斉モニタリング」に参加しています(平成29年に中止したが昨年再開)。
測定点は次の4か所です。‖臙川源流 ∪橋(大谷川、内津川合流) 8淅薪超 ぞ影眄郛緇魏枠蔑咫

大谷川源流。左岸はウツギ、ヤマボウシなど13種の樹木をみどりのまちづくりグループが植樹。
バケツで川の中ほどから採水。
透視度100°、4地点の中で一番透明。
泉橋(大谷川、内津川合流)。
水中には藻がギッシリ繁茂しているが、たくさんのカワムツが見られる。
透視度62°。昆虫、魚、野鳥と生物が豊か。
五反田橋(内津川、庄内川合流)。
橋の下にはいつもの釣り人。
透視度71°、堰き止められた水は少し臭う。
庄内川上条河川敷。
透視度96°。
柳の下には多くのアメンボ。


かすがい市民活動情報サイト