春日井国際交流会・KIF
                               


大相撲朝稽古を観る会  2016年7月10日(日)

名古屋場所の初日朝稽古を観て、元気を頂いた

春日野部屋は、例年、春日井市柏井町の八幡社で稽古をしています。当日は、早朝にもかかわらず外国人18名、会員5名が参加しました。部屋には、21名の力士が所属し、うち2名は外国出身で、見学者の外国人に深い感動を与えたと思われる。見学に際し、相撲用語の解説資料、漢字にはルビ付き、を提供しました。見学者の感想は、次のとおりです。
 ・はじめてみた  ・おもしろくて、たのしかった   ・大きくて、強い  ・外国人力士がおり、つよい  ・一緒にしゃしんをとった、サインをもらった  ・またみたい  ・見学のお礼

写真は、稽古後の関脇・栃ノ心 さんと参加者

大きな体で、準備体操を入念に
稽古中の力士
地元の豆力士に胸を貸す
   
部屋看板と見学参加者


かすがい市民活動情報サイト