みどりのまちづくりグループ
                               


ささえ愛センターまつり(令和元年4月)

「間伐材は森の恵み」ワークショップ
令和元年4月14日(日)、ささえ愛センターまつり(春日井市市民支援センター、ささえ愛センター市民交流会議)に参加しました。
「間伐材は森の恵み」と銘打って、シイタケの菌打ちやヒノキのイス作り、リースやコースターの花飾り・コイノボリ作り、どんぐりや竹の工作等の体験の他、工作品の有償配布も行い『緑の募金』に募金しました。
カブトムシの幼虫の無償配布も行いました。
今年はテント3張りにイス作りの場所を加えて、今までで最大の規模の会場にしました。
昼からは雨との天気予報でどんよりした曇り空でしたが、多くの参加者がありとても盛況でした。

会場全景
受付け(参加費は全額緑の募金に)
シイタケ菌打ち
イス作り体験
イス作り体験
イス完成
家族でイス作り
(休憩に利用)
ワンちゃん完成
竹工作
よく飛ぶ竹とんぼ完成
材料は竹藪の間伐材を利用
リース作り
コースターの花飾り作り
コースターの材料はョウブ
メンバーの河内さんのアイデア
松ぼっくりのツリーもメンバーの河内さんのアイデア
花飾りとツリー
一人で花飾りとツリー作り
友達と花飾りとツリー作り
コイノボリ作り
材料は間伐したヒノキの小枝
台座のざいりょも間伐したヒノキを利用
子供の日間近でとても人気
   
どんぐり工作
カブトムシの幼虫の無償配布


かすがい市民活動情報サイト