みどりのまちづくりグループ
                               


みどりフェスティバル’18秋


間伐材は森の恵み
愛知県緑化センターで開催された「みどりのフェスティバル’18」に、平成30年11月23日(金)〜25日(日)の3日間参加しました。

「間伐材は森の恵み」と銘打って、間伐材を利活用した工作体験の催しを行いました。天候にも恵まれ、ヒノキの間伐材を利用した遊具(ワンチャン)・リース・松ぼっくりのツリーの制作やドングリ工作・竹工作にも多くの参加者があり連日盛況でした。
24日(土)のイス作り体験には予約応募の32組が参加して、お気に入りの色の皮を張ったイス作りを楽しみました。
リース作りは、大人の女性や小さい女の子に大人気でした。
竹工作のコーナーでは、子供たちがいろいろな竹の工作品で遊んだり、自分で作って楽しんでいました。
工作体験への参加者や間伐材を使った工作品の希望者には緑の募金への協力をお願いしています。
3日間の寄付金は10万円を超え、今年度のみどりのまちづくりグループからの募金額は30万円余となりました。


かすがい市民活動情報サイト