みどりのまちづくりグループ
                               


環境デーなごや2016

間伐材は森の恵み

平成28年9月17日(土)久屋大通公園エンジェル広場で「環境デーなごや2016」が開催されました。
環境にやさしいライフスタイルや環境技術などを紹介するブースや、交流ステージ、フリーマーケットなどが開催されました。子どもから大人まで楽しみながら環境について考えるイベントです。
みどりのまちづくりグループは「間伐材は森の恵み」として春日井市の東部丘陵地帯通称「みろくの森」の間伐材等を使ったクラフトづくり体験で出展しました。7年連続の出展となる今回も、とても盛況でした。。

どんぐりクラフト
いろんなドングリを使って自由に作れます。
マテバシイで鳥を。
アベマキ、ツブラジイでコアラを。
どんぐりとドイツトウヒで電車を。
コナラで鳥(?)を。
マテバシイと松ぼっくりでカメを。
この日はカメとコアラが大人気。
台座は間伐材のヒノキです。
松ぼっくりのツリー作り
一人で出来ました。
ツリー本体は三葉松の松ぼっくり
天辺の飾りはモミジバフウの実
ヒノキのヤジロベエ
除伐材を利用した肩もみほぐし器
ヒノキの間伐材のイス
毎回用意したイス全部が午前中になくなってしまうほど大人気
ヒノキの間伐材の遊具
   
当日参加したメンバーと尾張農林水産事務所林務課の西崎さん(応援)
 
 



かすがい市民活動情報サイト