みどりのまちづくりグループ
                               


藤山台小学校                   「土曜チャレンジ・アップ教室」


森の恵みで工作体験
平成28年11月26日(土)、春日井市立藤山台小学校の「土曜チャレンジ・アップ教室」で、森の木や松ぼっくり、竹などを使った工作教室を開きました。

藤山台小学校の学校地域連携協議会で、児童見守り活動などを行い、みどりのまちづくりグループのメンバーでもある柳川さんの提案で実現しました。
1年生から6年生まで30名が参加し、全員でリース作りを行った後、クリスマスツリーまたは、竹とんぼのどちらか希望する方の工作をしました。
−:学校地域連携協議会を始めたきっかけは何でしょうか?

柳川:本年4月に3つの小学校が統合して新校舎で藤山台小学校が開校しました。学校・保護者・地域が一体となって、未来を担う子供たちの成長を支え合う拠点として設立されました。
−:「土曜チャレンジ・アップ教室」ではどんな活動をしているのでしょうか?

柳川:特技や学んだことを生かした地域の方の協力を得て、月1回ほど実施しています。
−:今回の教室を開いた結果はどうでしたか?

柳川:子供たちは楽しんで工作をしていて、展示された他の工作物でも楽しそうに遊んでいました。次は、自分で木材を切って組み立てる工作を計画したいと思います。


かすがい市民活動情報サイト