みどりのまちづくりグループ
                               


庄内川アダプト(令和2年7月)


庄内川河川敷の散策路作り
令和2年7月28日(火)、庄内川上条河畔林のゴミ拾いと草刈りを行ないました。

みどりのまちづくりグループは土岐川・庄内川川河協力団体として、河畔林1kmの清掃活動を年間4〜5回行なっています。
この日は、ゴミの量がとても多くあまり草刈りをする事はできませんでしたが、次回の活動以降は散策路作りの草刈りを行なっていく予定です。
現在は流れのすぐ横が段差の少ない岸になっているので川沿いに散策路を作り、いつでも川に接することができるようにします。
川辺の自然の景観と自然と人のふれあい場とするために整備した河畔林で、自然体感のイベントイベントを開催して来ました。

昨年は大雨が予想されたため中止、今年は新型コロナウィルス感染拡大のため中止しました。

このため、イベント当日だけでなくいつでも川そばを散策できるように計画しました。
平成23、24年度掘削で上条工区の上条河畔林はほぼ消滅し、河川敷の低い場所は平坦な草むらになりましたが、その後多数のカワヤナギが育ち雑然としてきました。

←令和元年7月

カワヤナギは庄内川河川事務所で全部除去され、広い吉原になりました。この吉原を抜けて川傍で散策できるように草を刈っていきます。


かすがい市民活動情報サイト