今日の愛ちゃん
                             


アウトリーチのご報告2020.9.12

春日井たたら研究会
令和2年9月12日(土)に、ささえ愛センターにて行われた、1年に6回開催されている「春日井たたら研究会」の勉強会におじゃましました。
今回は会員の蒲田氏による講座でした。

反射炉の構造や歴史について、大変詳しく知ることができました。
反射炉とは、銑鉄(せんてつ・砂鉄や鉄鉱石から作った粗製の鉄で、不純物を多く含む)を溶かして優良な鉄を生産するための炉のことだそうです。

会員のみなさんの学ぶ意欲がとても素晴らしく、熱い討論が飛び交っていました。
興味のある方は、ぜひ参加してみてはいかがですか?より春日井の歴史が学べますよ♪


『春日井たたら研究会』はどんな団体?
尾張で唯一現存する古代たたら製鉄遺跡である、西山製鉄跡地の存在と意義を市民に周知するとともに、この遺跡を核に、広くたたら製鉄について研究・発表をすることを目的としている団体です。

講師の蒲田さん
会場内の様子
講座中の様子
熱い討論の最中です


かすがい市民活動情報サイト