みどりのまちづくりグループ
                               


みろくの森除伐


大谷休憩所が明るくなりました
令和2年9月11日(金)と15日(火)に弥勒の森の除伐を行ないました。

大谷休憩所の周囲は毎年除伐を行っていても、この時期になると草が密集し雑木もかなり育ってきます。
長い間除伐していなかった大谷休憩所の上流部もきれいに除伐しました。
11日に県有林事務所から2人の担当者が、スズメバチの巣の現場確認を兼ねて、除伐活動のに確認に来られました。
担当者の方から、「大谷休憩所が薄暗いので、できるだけ明るくしてほしい」との話があったので、大谷休憩所の周辺は思い切って除伐しました。

←スズメバチの巣がある現場
これまで、休憩所のすぐ傍の木を切り倒すと、休憩所の上に倒れ込む恐れがあるのと、休憩所の周りの木がなくなるとスカスカになりそうでためらっていましたが、ヤマザクラの大木以外全部除伐しました。
除伐後は、とても明るくなりました。


かすがい市民活動情報サイト