みどりのまちづくりグループ
                               


みどりフェスティバル 2018春


平成30年5月3日(木)
愛知緑化センターで開かれたみどりのフェスティバル春(愛知緑化センター主催)に参加しました。今回が4回目の参加となります。

「間伐材は森の恵み」と銘打って、間伐材利活用のワークショップを開催しました。
ヒノキの間伐材の椅子や遊具作り、竹、まつぼっくり、どんぐりの工作などの体験事業を行いました。
昨年と同じく、ヒノキのわんちゃん組み立ての木工教室も開きました。
22組の参加者(募集は20組)が、午前と午後に分かれて工作体験をしました
ヒノキの間伐材の椅子もわんちゃんと同じく大変人気があり、今回も午前中になくなってしまいました。
木の枝を三角形に組んだリース作り。
同じ材料を使っても、一つ一つが個性的なすてきな作品になっていました。
ヒノキの小枝を使った鯉幟。
小さい子供でも一人で組み立てできるようにしました。
ヒノキ間伐材のペンギンやその他メンバー製作のいろいろな作品を展示しました


かすがい市民活動情報サイト