みどりのまちづくりグループ
                               


庄内川アダプト、アダプト会議


 
平成30年2月27日(火),上条河畔林のゴミ拾いを行ないました。

大水の後より多い大量のゴミが落ちていました。上流からのゴミは少ないのに、河川敷の畑耕作者が捨てたとしか思えないゴミが大量にありました。
耕作地の野放図な資材の使用は相変わらず。この1年で耕作地が増え続け、幅10m以上あった通路までの草地・竹藪がすべて畑にされました。できるだけ早く規制が必要ですが、行政の働き掛けによる改善は全くありません。
実生の柳をどうするのかについて、庄内川河川事務所からの回答待ちです。
庄内川の水位低下対策工事の結果草木1本なかった地に、工事の翌年から多くの実生の柳が育ち始めました。大半は流されたり、倒されたりしていますが、3mを超える柳が2,30本残っています。
平成30年2月6日(火)に庄内川河川事務所開催の平成29年度会議が開かれました。
事前に連絡した当グループの6項目の意見・要望については、会議の席上口頭で、また会議後に高橋元代表へ口頭で回答がありました。
'高橋元代表の意見
 (1)回答は文書で行って下さい。
 (2)アダプト会議は報告会です。協議する場を作るべき


かすがい市民活動情報サイト