みどりのまちづくりグループ
                               


庄内川アダプト

上条河畔林が15号台風で壊滅的被害!

庄内川にある自然の河畔林を、水辺の自然の景観と、自然と人のふれあい場とするために散策路つくり、草刈、木に絡んだ蔓切、とクリーン作戦を平成18年4月より行って来ました。

そして、1km余の「水辺の自然がいっぱいみどりの楽園」が出来、毎年100名以上の親子、団体の人たちが集い「水辺の自然がいっぱい庄内川上条河畔林で体験しよう」でEボート体験、環境ビンゴゲーム、など自然体験イベントを実施して来ました。
しかし、9月の台風の増水で河畔林の木はなぎ倒され広場は1/3が削りとられ、大木のまわりが局所洗掘により大きく砂が削り取られ穴出来てしまいました。
その木に、枯れ草やゴミが絡み付き、一夜にして、水辺の楽園は荒廃した荒野の河原と化してしまいました。
みどりのまちづくりグループはまた新たに「水辺の楽園」づくりに再挑戦します。
12月9日ゴミ拾いから開始しました。

局所洗掘とゴミに倒された柳の大木
3mも河原が削られた
上条河畔林のビューポイントのワンドは辛うじて残った
生命力の強さ!からし菜が青々と甦る
大木に絡んだ枯れ草とゴミ
堆積したゴミの山によじ登ってゴミ拾い
4mも絡まったゴミの撤去
河畔林がナガサレ見通しの良くなった河原
大物は1点1点運び出す
木に絡んだゴミは一苦労
竹炭焼きの窯は助かった!
素晴らしい河原が出現!


かすがい市民活動情報サイト